四次元ピンポイント放射線治療

四次元ピンポイント放射線治療

乳ガンVbと診断された私は、色々と調べて、標準治療ではなく、自由診療の「四次元ピンポイント放射線治療」を選びました。抗がん剤や手術で入院したりする事で、家族に迷惑をかけるのを避けるためでした。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
この治療ならば、治療費は高めになりますが、大きく体調を崩すことなく、一人で治療に通い、がん患者とは思われない治療期間を過ごしました。QOLをあまり落とす事なく過ごせるのは本当にありがたい事です。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
つらい抗がん剤に耐えられず、この治療をされ、完治して元気に過ごされている方がたくさんいます。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
しかし、この治療も全てのがんに有効な訳ではありません。私の場合は、再発、再再発、再々再発してしまい、同じような場所に5度の放射線治療をしてしまったため、現在は放射線のあたった辺りがひどく萎縮してしびれや痛みもひどく、ちょっと辛い状況になってしまっています。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
放射線で、大きくなったがんが消えても、残っていた小さな芽が次々大きくなってしまっているので、それを防ぐために、自分なりに免疫力を高める努力をしていますが、まだまだ足りない様です。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
さらに勉強と努力が必要だと痛感しています。